微笑む婦人

お腹の中から健康を作り出して便秘解消しよう

スムーズな便通のために

飲み物を持つ女性

不調や病気につながる便秘

便秘をすると体にさまざまな悪影響が出ます。本来便として出て行くはずの老廃物や毒素が腸内に溜まり有害物質が発生します。そうなると肌荒れやイライラなどが現れます。血行不良により体が重く腰痛が出る場合もあります。慢性的に便秘の人は何日間も便が出ないことが当たり前になっていることがあります。長期間このような状態を続けると大腸がんや腸閉塞といった重大な病気につながるリスクが高くなります。便秘の原因として運動不足が挙げられます。運動が足りないと排便時に必要な腹筋の力が弱かったり腸の動きが鈍かったりします。また野菜や果物をあまり摂らずジャンクフードやインスタント食品ばかりを食べることも便秘につながります。ストレスを溜め込むことも悪影響です。

善玉菌を増やすこと

便秘解消のためには腸内環境を整えることが大切です。腸内には膨大な数の腸内細菌が存在しています。善玉菌と悪玉菌とどちらにもなる日より見菌たちが腸の壁にびっしりと張り付いています。便秘解消には善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を多く摂るようにします。これらはヨーグルトや納豆、みそや漬物などの発酵食品に多く含まれています。ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を含むバナナや玉ねぎやキャベツなどを摂ることも便秘解消に役立ちます。もっと手軽に善玉菌を増やすには健康食品やサプリを摂取するのがよいです。ただし腸内環境は人によって違います。しっかりと便秘解消するには自分に合う成分のものを見つけるようにいろいろ試すことが大切です。

Copyright© 2016 お腹の中から健康を作り出して便秘解消しよう All Rights Reserved.